「食」で地域を伝えてきました

「便利」や「安い」がもてはやされる時代だからこそ、

「食べることは生きること」と昔ながらの商売を心がけてきました。

つくり手のもとに足を運び、現場を見ながらお話を聞いて、

どうすれば彼らのつくるもののすばらしさが伝わるかを考えてきました。

伝えたいのは「お店」ではなく、「食材」だからこそ、

シンプルに、なるべく調理はしないように、

食材の魅力を伝えるにはどうするかを考えてきました。

彼らの魅力を引き出すことが、地域の魅力を引き出すことであり、

その役割こそが私たちがここに存在する意味だからです。

2011.01.26 Takayuki Oki