過去の知識や経験は、今日の現場の知恵から生まれまている。

個人商店の皆さん。誇り高く現場に立ちましょう。
お店に来る人たちを魅了しましょう。
そのためには勉強が必要です。
ネットの通販会社に負けてはいけません。
どんどん他の現場も見に行きましょう。

人々を魅了するためには、自分を演出しましょう。
自分への制約も必要になります。そのためには強い心も必要です。

一人一人への接客以外に、
お客様の意識を変えるきっかけを与えることは出来ません。
地道ですが、結果的に一番”はやい”やり方です。
誇り高きスタッフたちが最少の人数で最大の仕事を常にこなす。
一人一人への負担は大きいけれども、
それがお店にとっても働くスタッフにとっても一番チカラになる。
お金を払って学校に通って受け身で教わることも大切だけれど、
お金をもらって自ら考え積極的に身につけていくことの方が大切だと思います。

「人が教えてくれるのは過去の知識や経験です。
でも、それらは誰かの日々の現場の知恵から生まれまてくるのです」

机上で推し量れるほど、現場は簡潔な要因だけではないのです。
何が起こってもおかしくない時代は、
現場を知らないことの弱さが見えてくる時代です。
さあ今日も胸を張って誇り高く現場に立ちましょう。

「日本はあなた方一人一人が動かしているのですから」

 

セツゲツカLtd. 大木貴之