活性化

再生や活性化とは新たな価値観の提供から生まれると思います。

地域の再生や地域の活性化とは新たな価値の創造だと思います。 既存の物事(サービス、お店、モノ)の延長では、 本当の意味での地域の活性化や再生などはおこりません。 自分たちの街の地域の魅力を見つめ直して、 そこに存在する意

/ No comments

再生や活性化とは新たな価値観の提供から生まれると思います。

地域の再生や地域の活性化とは新たな価値の創造だと思います。 既存の物事(サービス、お店、モノ)の延長では、 本当の意味での地域の活性化や再生などはおこりません。 自分たちの街の地域の魅力を見つめ直して、 そこに存在する意

/ No comments

時間を費やしたからこそ見えてくるものがあるのです。

私のお店も10年になります。 その間の営業日数はおよそ3600日です。 この膨大な時のほとんどの店頭に立ちました。 実際に十万人以上のお客さまに対峙してきました。 郊外化が加速度的にすすむ地方において、 誰も出店したがら

/ No comments

時間を費やしたからこそ見えてくるものがあるのです。

私のお店も10年になります。 その間の営業日数はおよそ3600日です。 この膨大な時のほとんどの店頭に立ちました。 実際に十万人以上のお客さまに対峙してきました。 郊外化が加速度的にすすむ地方において、 誰も出店したがら

/ No comments

「売る」とは「伝える」ことだと思います。

「売る」ことに特化していこうと日々地道な積み上げをしてきました。 ここで言う「売る」というのは「消費」を喚起することではありません。 「売る」とは「伝える」ことです。 「伝える」ためには、よく知らなくてはなりません。 だ

/ No comments

「売る」とは「伝える」ことだと思います。

「売る」ことに特化していこうと日々地道な積み上げをしてきました。 ここで言う「売る」というのは「消費」を喚起することではありません。 「売る」とは「伝える」ことです。 「伝える」ためには、よく知らなくてはなりません。 だ

/ No comments

ワインツーリズムって誰のもの?

最近思います。 一体「ワインツーリズム」は誰のものでしょうか? 好むと好まざるとに関わらず山梨県民みんなのものです。 なにより各ワイナリーや、農家、観光農園など 産地を切り盛りしている人々のものであり 産地の地域経済を支

/ No comments

ワインツーリズムって誰のもの?

最近思います。 一体「ワインツーリズム」は誰のものでしょうか? 好むと好まざるとに関わらず山梨県民みんなのものです。 なにより各ワイナリーや、農家、観光農園など 産地を切り盛りしている人々のものであり 産地の地域経済を支

/ No comments

明日を変えるのではなく、未来を変えているのです。

私たちは明日を見ているのではありません。 3年後5年後10年後を見ているのです。 商売で食べていくために、この時代を生きていくために 明日を変えるのではなく、未来を変えているのです。 いつもと同じだけれどここを通らないと

/ No comments

明日を変えるのではなく、未来を変えているのです。

私たちは明日を見ているのではありません。 3年後5年後10年後を見ているのです。 商売で食べていくために、この時代を生きていくために 明日を変えるのではなく、未来を変えているのです。 いつもと同じだけれどここを通らないと

/ No comments

「流行」の上をいくために「意義」を考えなければならないのです。

地方こそしっかり土地に足のついた商売の力が必要です。 なぜなら大都市にあるお店と同じようなこと、 同じようなモノを提供するだけでは誰も評価してくれないからです。 だからこそ誰にも注目されない場所からでも、 世間の人々に向

/ No comments

「流行」の上をいくために「意義」を考えなければならないのです。

地方こそしっかり土地に足のついた商売の力が必要です。 なぜなら大都市にあるお店と同じようなこと、 同じようなモノを提供するだけでは誰も評価してくれないからです。 だからこそ誰にも注目されない場所からでも、 世間の人々に向

/ No comments

「ワインツーリズム」の活動がなぜ多くの人達を惹きつけるのか?

通常、クライアントからの発注でこの手の業務に携わっているならば決して口外できませんが、 自発的にボランティアで協力しているので声を大にして言わしてもらいます(笑)。 「私は、プロデューサーという立場で、ワインツーリズムの

/ No comments

「ワインツーリズム」の活動がなぜ多くの人達を惹きつけるのか?

通常、クライアントからの発注でこの手の業務に携わっているならば決して口外できませんが、 自発的にボランティアで協力しているので声を大にして言わしてもらいます(笑)。 「私は、プロデューサーという立場で、ワインツーリズムの

/ No comments